水素水を怪しいと思うのは普通です。でも私の経験では”命の水”です

なぜ、私が水素水を飲んでいるのか?

「水素水」と聞いて、どう思いますか?
「怪しい」「嘘に決まっている」「インチキだ」などなど、自分が理解できないものは”怪しい”って判断するのが人間です。
当然のことですよね。

だから私も無理には勧めません。
でも、私は自分の体験から、何年も水素水を飲み続けています。
ものすごく体調が悪化したときがあり、健康について勉強してきました。
そして結論として「水素水を飲んで健康になった」のです。

色々な健康食品やサプリメントがありますが、水素水を飲んでいれば基本は大丈夫というのが私の結論です。

私が飲んでいるのはコレ

↓ ↓ ↓ ↓ 

とはいえ、ある程度の理屈は知っておかなければ納得できませんよね。

水素水とは何?

水素水に入っている「水素」についておさらいしましょう。学校で習いましたよね。水素の原子記号は「H」。原子番号は「1」。

水素は電子を1個だけ持っているので、不安定な状態にあり、他の物質と容易に結合するのが特徴です。
この特徴が、後ほどご説明する、素晴らしい働きをするのです。

では、水素水というのはどういったものなのでしょうか。
水素水は普通の水の中に水素分子が高濃度で溶けている水のことです。
この水素水を飲むことで、酸化した細胞を還元する働きがあるのです。

酸化とはサビつくことです。細胞レベルでは、細胞が少し痛んだ状態と言えばわかりやすいでしょうか。
還元とは、それを元に戻すこと。正常にすることです。

活性酸素とは?

活性酸素という言葉もよく聞くキーワードです。
「活性酸素は悪玉だ!」と言われていますが、何が悪いのでしょうか。

活性酸素にはいくつかの種類があり、異なる特徴を持っています。でもあまり詳細に説明しても意味がないので、基本だけお話しましょう。

活性酸素自体は、すべてが完全な”悪”ではなく、適量なら”善”の面も持っています。
活性酸素には殺菌能力があるので、体内に入ったウイルスなどの有害物質を退治します。これが善の部分ですね。良い働きもしているのです。

ただ、現代の生活の中で、活性酸素は過剰になることが多く、有害物質を退治するだけではなく、勢いあまって正常な細胞まで攻撃してしまうのです。体内で多くなりすぎるんですよね。
それが肌のシミを作ったり、シワを増やしたり、免疫力を低下させたりして病気の原因にもなっています。

水素と活性酸素の戦い

水素水を飲むと、水素水に含まれる水素が、活性酸素と結びついて、活性酸素をおとなしくします。つまり無害化するのです。そして水となって体外に排出されます。

水素水は高濃度に水素が溶け込んでいるので、大量の活性酸素に対して、総攻撃をしかけるように過剰に生まれた活性酸素と次々に結合して無害化していきます。

本当は、水素水を飲まなくても、普段私たちが口にしている食事の中でこの働きがあればいいのですが、現代は食品自体にも問題があり、活性酸素を中和する働きが弱まっています。だから活性酸素が体内で過剰に生まれて、それが暴れて細胞を傷つけてしまうのです。

Webサイトにも購入者さんの口コミが載っていますが、私の体験談をお話ししましょう。

先にもお話ししたように、体調が悪化したことがありました。
かなりヤバイ状況でした。医者からは数種類の病名を付けられたくらいです。
薬も飲みましたし、色々な健康法を試しましたが、まったく改善しませんでした。

それで、健康について勉強したところ、人間が健康になるためには、「細胞を正常にすること」だと理解できたのです。

赤ちゃんって超健康体ですよね。
肌はピチピチ。つやつや。
あの状態が100%だとすると、病気になっている人は例えば40%の状態なのです。

疲れている人は、60%くらいとか。
つまり、細胞が健康なら、その集まりである私たちの身体も健康になれる、ということです。

ということは、細胞を正常にすればいいんだ!
細胞が健康なら、病気は治る!と気づいたのです。

水素が傷んだ細胞を正常に戻す働きをするのです。

↓ ↓ ↓ ↓ 

さいごに

水素水には水素が大量に含まれているため、飲むだけで痛んだ細胞を正常にする働きをするのです。その結果、体調が良くなります。私の体験ですが、水素水を飲むようになってから健康を取り戻したのは事実です。家族も病院にかかることがなくなりました。あなたの参考になればと思いお話ししました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする