膝が痛いとき、膝サポーターを履くと、手軽に痛み・腫れが和らぎます

膝の痛みはサポーターでカバーできます

膝が突然痛むことってありますよね。転んだり、ぶつけたりしたわけでもないのに、歩くだけで痛みが走ることがあります。
50代以上の方なら、軟骨成分コンドロイチンの不足も考えられますが、若くても、激しいスポーツや長時間の立ち仕事で、膝の疲労が原因で痛みが起きることは珍しくありません。
私もスキーで足を捻ってしまい、それ以来、疲れが溜まると膝が痛くなるようになってしまいました。特に階段を降りるときの痛みが酷いんですよね。

痛み止めの薬や、シップを貼ることでも痛みを和らげることができますが、膝にも優しく、手軽で簡単なのが「膝サポーター」を履くことです。
膝サポーターは、自然な膝の動きをサポートするので、歩くこと、階段の上り下りもラクになります。私も梅雨の時期、そして冬は特に痛みが出ることがあるので、サポーターは活躍してくれています。

私がオススメするのは、この製品です。

膝用のサポーターは、ドラッグストアにもたくさん並んでいて、どれもいいといえばいいんです。
でもハッキリ言って、高い!

私も最初は5,000円くらいのものを買いました。
高い方が効果も高いような気がしたからです。でも、体感的にはほとんど変わりませんでした。
結局、今は「勉強堂の加圧式ひざサポーター」を使っています。

私がオススメするのは次の理由からです。

1.ズレ落ちない

2.強すぎる締め付け感覚がない

3.長時間着けていられる

4.安い 

1.ズレ落ちない
今まで、数種類のサポーターを購入しましたが、ズレ落ちるものがありました。ズレると意味がないんですよ。
人間の足は、太ももから膝、そしてスネにかけて徐々に細くなります。ズレるものは、徐々に下に下がってきます。半日後には太もも部分が膝頭に来てしまい、ゆるゆるな力なので全くサポーターの意味をなさなくなってしまいます。
微妙なサイズと、引っ張りでズレを最大限に防ぐような設計がなされています。

2.強すぎる締め付け感覚がない
いくらズレないものでも、締め付けが強すぎると違和感があり、うっ血の原因にもなりかねません。これは適度な締め付け感で日常生活の中でも気になりません。

3.長時間着けていられる
2の締め付けとも関係しますが、1日中着けていられないものもあります。

4.安い
「安かろう、悪かろう」では話になりませんが、「勉強堂の加圧式ひざサポーター」は、私の感覚では3,000相当の製品と変わりません。
それが2枚組でこの値段で買えるので、とてもお得です。1枚だけだと、汗をかいて交換できないので不衛生です。

購入者さんの声の一部をご紹介しましょう

・値段が安いのにとても良かったのでリピートしました。長い距離を歩くときや、ゴルフで使用しています。
2枚入りでこのお値段はハッキリ言ってとても良心的です。

・痛みがかなり軽減されるので助かっています。

・立ち上がるときに膝が痛いので購入しましたが、とってもいい!です。
サポーターを着けることが初めてだったのですが、違和感もなく、毎日使用しています。
もっと早く買えばよかったです。

・シップと併用しています。シップの上からでも着けられるし、シップが剥がれるのを防ぐ役目にもなっているのでとても助かっています。

・膝頭周囲が40センチなのでサイズを購入しましたが、ややきつめでした。
もう1サイズ大きなものがあれば良かったと思います。軽く、薄いので装着はしやすいです。

さいごに

2枚組なので、ドラッグストアで購入するより、4分の1程度の値段で同等の性能です。
毎日使う消耗品的なものなので、安いことは非常に助かりますよね。
全体を均等に加圧して、膝の動きをサポートしてくれる非常に優れた製品です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする